見頃カレンダー 春から夏にかけて可愛らしい山野草が咲いています。

4月

  • ミツバツツジ(三葉躑躅)

    葉がでる前に紅紫色の花が咲き、 早春のガーデンを彩ります。

  • シラネアオイ(白根葵)

    直径7センチほどの大輪の花は、 目のさめるような美しさ。

  • レンギョウ(連翹)

    伸びた枝に明るい黄色の花をたくさん 咲かせます。

  • ワサビ(山葵)

    水場から、めだかの池へと続く 小川に咲きます。

  • エビネ(海老根)

    日本産の蘭の中でも人気。 根の形がエビのしっぽに似ている。

  • ミズバショウ(水芭蕉)

    湿地に自生し発芽直後の葉間中央から純白の仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる苞を開く。

  • シロバナエンレイソウ(白花延齢草)

    別名は、深山延齢草(みやまえんれいそう) 3個の葉が輪生し、花が1個つく。

  • シャクナゲ(石楠花)

    淡紅紫色の豪華な花を5~10個ずつ開く。

  • ヤマシャクヤク(山芍薬)

    真っ白いふっくらとした美しい花。秋には 紫黒色、紅色の実をつけ様子が変貌する。

  • カタクリ(片栗)

    林内に群生する多年草。4月の初めから中旬くらいまで楽しめる。

  • クマガイソウ(熊谷草)

    扇子を広げたような2枚の大きな葉と袋状の唇弁がユニーク。

  • イカリソウ(錨草)

    花の形を船の錨(いかり)に見立てて
    名づけられた。

  • バイカオウレン

    花の形がウメの花に似ていることから
    命名された。

  • イワウチワ(岩団扇)

    葉は丸くて団扇(うちわ)のような形。
    イワカガミと違って、花を開く。

  • ショウジョウバカマ(猩々袴)

    猩々は赤毛で人に似た中国の想像上の獣。
    花を猩々に地面に広がった葉を袴に見立てた。