研究・品質

伊東 美紀

Ito Miki

研究開発部

2015年入社 園芸学部卒

今の私の仕事

かんてんぱぱ製品及びイナショク製品の開発

家庭用製品「かんてんぱぱ」及び、業務用製品「イナショク」の開発に携わっています。「ちょっと手づくり」という当社の製品コンセプトを大切に、「おいしく、簡単に」できる製品をチームで試行錯誤しながら開発しています。また、新製品の開発はもちろん、既存製品をより美味しくブラッシュアップしていくことも重要な仕事です。日々開発される新しい素材や変化するニーズにもアンテナを張り、商品開発に繋げています。

仕事のやりがい

周囲と協力しながら、製品を形にしていく

当社の商品開発では、構想の初期段階から実際の製造段階まで関わります。開発段階によって様々なセクションとの相談、連絡を行い、問題を解決しながら製品をつくり上げていきます。ほとんどの場合、製品に一貫して関わるのは研究開発部だけなので、必然的に各セクションへ指示を出す場面が多くなります。経験も知識も未熟な私の場合、毎回かなりプレッシャーを受けますが、それと同じくらいやりがいのある仕事だと感じています。

仕事のやりがい

仕事での印象的なエピソード

ショップスタッフが届けてくれたお客さまの声

かんてんぱぱ製品を開発するチームへ所属になり、初めて担当した製品が「ぱぱカレー」でした。砂糖や脂質を抑えた製品で、ターゲットは「食事のカロリーを気にしている方」。そんな製品ですが、ある時に「90歳のお客さまが、ぱぱカレーをたくさん買ってくれたよ」とショップスタッフが教えてくれました。その方は、「量が多く、脂っぽい」という理由から大好きなカレーを最近は食べてられていませんでしたが、このカレーなら食べられる、と嬉しそうに話してくれたそうです。カロリーを控えるためではなく、この製品を食べたくて買ってくれたお客さまがいると知り、本当に嬉しく、励みになったことを覚えています。

仕事での印象的なエピソード

今後の目標

「みんな」が幸せになる製品を開発する

当社の経営理念の中に、「売り手」である会社の利益はもちろん、「買い手」や「世間」、そして「仕入先」にも利益が出てこそ長く良い商売ができるという考えがあります。私は製品の設計をする立場にいますので、常に意識している理念です。私の今後の目標は、この理念に加えて、工場の方が製造しやすく、営業やショップスタッフが自信を持ってお客さまにお勧めできるような「みんな」が幸せになる商品を開発することです。

ページの先頭へ