“ かんてんぱぱ ” は、寒天のトップメーカー “ 伊那食品工業株式会社 ” のブランドです。
よくあるご質問 お問い合わせ サイトマップ
かんてんぱぱ
HOME 全国のショップ 寒天とは 会社案内 レシピ集 かんてんぱぱギャラリー かんてんぱぱガーデン オンラインショップはこちらから
ホーム > かんてんぱぱガーデン > 見る > かんてんぱぱミュージアム 野村陽子植物細密画館
かんてんぱぱミュージアム 野村陽子植物細密画館
基本を大切に丁重に描いた「植物細密画」を常設展示
野村陽子さんは長野県箕輪町出身。実際の植物を目の前に置き、観察をしながら植物のありのままの姿を、基本を大切に根気よく丁寧に描かれます。
この小さなミュージアムには弊社会長 塚越の 「 丁寧に観察して描くことが絵画の基本。 当たり前のことをきちんと行うことは経営にも人格形成にも大切なこと。」 という思いが込められています。
【VRパノラマ映像】右の画像をクリックすると、館内の様子を360度自由に視点を変えて閲覧いただけます。
パノラマVR
じっくりと描かれた実物大の作品が約50点が常設展示され、無料でご覧いただけます。
作品:フジアザミ
作品:コスモス
作品:リンドウ
作品:ホオズキ
■ 野村陽子プロフィール
1953年 長野県上伊那郡箕輪町生まれ。
武蔵野美術短期大学工芸デザイン科と大塚テキスタイル専門学校で学び、テキスタイルデザイン事務所に勤務。 その後、スペイン遊学を経て結婚、一男一女の母となる。
1998年 独学で植物細密画を始める。
2000年 大手企業とコンテンツ契約しポスターに採用される。
2005年 伊那食品工業株式会社 塚越寛会長と出会い、かんてんぱぱホールで同社主催による企画展開催。
2008年 北澤美術館新館で開催された 「 ボタニカルなアート展 」 においてフランスのガラス工芸作家エミール・ガレやドームの作品とコラボレーションする。
同年 NHK 主催による展覧会 「 ガレ・ドーム・ラリック展 」 でガラス作品と並列展示され日本橋・横浜・名古屋・京都・大阪の高島屋を巡回する。
2009年 かんてんぱぱガーデン内にかんてんぱぱミュージアム「野村陽子植物細密画館」がオープンする。
2011年 清里高原のアトリエにて四季折々の身近な植物をテーマに描いている。
営業時間 : 9:00 〜 18:00 ( 12 〜 2月は 17:00 まで)/ 年末年始を除き無休 / 入場無料
ページトップ
戻る
かんてんぱぱガーデン
伊那食品工業株式会社
採用情報 サイトのご利用にあたって 個人情報の取り扱いについて 特定商取引法に基づく表示
Copyright 2011 Ina Food Industry Co., Ltd. All rights reserved.